長野県後期高齢者医療広域連合における元号の取り扱いについて

登録日:2019年4月15日

長野県後期高齢者医療広域連合における元号の取り扱いについては、国からの通知を踏まえ、次のとおりといたします。

  1. 改元日の前日までに発する文書における改元日以降の日付の表記について
    原則「平成」と表記することとします。なお、必要に応じ西暦を併記する場合があります。
  2. 改元日以降に発する文書における改元日以降の日付の表記について
    原則「令和」と表記することとします。なお、システムの改修が間に合わない場合や事前に大量に作成した書類などは、改元日以降においても「平成」と表記される場合もありますが、その場合は、新元号に読み替えていただきますようお願いいたします。
  3. 新元号の初年の表記について
    原則「元年」と表記することとします。ただし、システム改修等の都合上「元年」と印字できない書類につきましては、「1年」と表記される場合があります。

お問い合わせ先

お問い合わせにつきましては、お手元の通知等に書かれている担当部署へご連絡ください。