医療費通知

更新日:2020年11月19日

医療費通知をお送りします

 平成29年分以降の所得税の確定申告において、医療費控除の申告をする際、従来の医療費の領収書に代えて、加入する医療保険の保険者から送付される医療費通知を添付書類として使用することができるようになりました。
 これにより当広域連合では、平成30年度以降に送付する医療費通知を確定申告に使用できるよう改修し、特別な事情がある場合を除き、その前年に医療を受けた全ての被保険者に対し、医療費通知を送付いたします。

送付スケジュール

令和2年度の医療費通知は、次の日程で送付いたします。

  • 令和2年1月から令和2年10月までの受診分:令和3年1月下旬送付予定
  • 令和2年11月及び12月受診分:令和3年3月下旬送付予定

医療費通知 見本(PDF/526KB)

医療費控除の申告について

 確定申告期間中に、医療費控除の申告をされる際は、1月にお送りする医療費通知と併せて、11月及び12月診療分の医療機関等からの領収書に基づいて作成した「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付していただくようお願いいたします。

 医療費通知に記載している「医療費控除申告見込額」及び「自己負担相当額」と実際にご自身が負担された額が異なる場合(公費負担医療や地方公共団体が実施する医療費助成、療養費又は高額療養費がある場合や、り災等により減免された場合)があります。これらの場合には、例えば「医療費控除申告見込額」及び「自己負担相当額」に記載された額から公費負担医療の額を差し引くなど、ご自身で金額を訂正の上、申告していただく必要があります。

 そのほか、医療費通知の平成30年度からの主な変更点やよくあるご質問への回答について、次のリーフレット(PDF)にまとめましたので、ご確認ください。
 ご不明な点がございましたら、広域連合までお問い合わせください。