○長野県後期高齢者医療広域連合会計管理者の補助組織及び出納員等設置規則

平成19年4月1日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第292条において準用する同法第171条の規定に基づき、会計管理者の権限に属する事務の適確かつ能率的な遂行を図るため、当該事務を処理する組織並びに出納員及びその他の会計職員の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(出納室の設置)

第2条 会計管理者の権限に属する事務を処理させるため、出納室を置く。

2 出納室に出納室長及び必要な職員を置く。

(出納室の事務)

第3条 出納室の主な事務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 現金の出納及び保管に関すること。

(2) 物品の出納及び保管(使用中の物品に係る保管を除く。)に関すること。

(3) 支出負担行為の確認及び事前審査に関すること。

(4) 支出命令の審査に関すること。

(5) 支払資金の把握に関すること。

(6) 支払に関すること。

(7) 歳入調定通知に関すること。

(8) 歳入簿及び歳出簿の記帳に関すること。

(9) 支払証拠書類の整理保管に関すること。

(10) 歳入歳出外現金の記録等に関すること。

(11) 歳入歳出決算の調製に関すること。

(12) 金融機関との調整に関すること。

(13) 公印の管守に関すること。

(出納員の設置)

第4条 総務課、業務課及び保健事業室に出納員を置く。

2 出納員になるべき者は、前項の課の課長及び室の室長とする。

(その他の会計職員の設置)

第5条 出納員を置く課に現金取扱員を置き、現金取扱員となるべき者は、当該課の職員のうちから出納員が指名する者とする。

2 出納員を置く課に物品取扱員を置き、物品取扱員となるべき者は、当該課の職員のうちから出納員が指名する者とする。

(会計事務の委任)

第6条 会計管理者は、その権限に属する事務のうち、現金収納事務並びに物品の出納及び保管(使用中の物品の保管を除く。)事務をそれぞれの出納員に委任するものとする。

2 出納員は、前項の規定により委任を受けた事務のうち、現金収納事務を現金取扱員に、物品の出納及び保管事務を物品取扱員に委任するものとする。

(出納の検査)

第7条 会計管理者は、出納員等が行う会計事務について随時に検査をすることができる。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成29年3月22日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(令和3年3月26日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

長野県後期高齢者医療広域連合会計管理者の補助組織及び出納員等設置規則

平成19年4月1日 規則第4号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務/第1章
沿革情報
平成19年4月1日 規則第4号
平成29年3月22日 規則第1号
令和3年3月26日 規則第1号