トップページ広域連合についてパブリックコメント > 意見公募結果公示:後期高齢者医療に関する規則の一部改正

最終更新日: 2016年3月24日

意見公募結果公示:後期高齢者医療に関する規則の一部改正

長野県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する規則の一部を改正する規則の制定について

長野県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する規則の一部を改正する規則を制定するに当たって、意見公募手続きを実施しなかったことについて、長野県後期高齢者医療広域連合行政手続条例第38条第5項の規定により公示します。

1 規則の題名及び趣旨

PDF長野県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する規則の一部を改正する規則要綱(PDF:76KB)

2 意見公募手続を実施しなかった旨及びその理由

(1) 平成28年3月23日付で本規則を制定するのに際し、意見公募手続を実施しないこととした。
(2) 意見公募手続きを実施しなかった理由は、長野県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例第20条第1項第1号に規定する保険料の災害による減免については、長野県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する規則第44条により、災害発生日の属する年度の保険料のみとしていますが、発生日により減免額に差異が生じ不公平感が出ております。よって同規則の一部改正により、災害発生日より1年間を災害減免期間とし、公平な取扱いとするものです。
また、平成27年度においては、火災による減免の申請・決定が12件あり、その他に災害発生日の関係で、減免対象とならない事案が数件発生しておりますので、当該規則の適用を平成27年度の保険料からとしております。
以上のことから、長野県後期高齢者医療広域連合行政手続条例第34条第4項第1号に規定する公益上、緊急に規則等を定める必要があることに該当するためです。