トップページ広域連合について > 保健事業実施計画(データヘルス計画)
最終更新日: 2018年3月7日

保健事業実施計画(データヘルス計画)

平成30年2月、高齢者の方が「自立して日常生活を送ることができる健康寿命の延伸」を目的とした第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定しました。

 

1 趣旨

当広域連合では、健康・医療情報等を活用し、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るため、本計画を策定しました。

 

2 計画期間

平成30年度(2018年度)から平成35年度(2023年度)まで

 

3 計画の目的

被保険者が、自立して日常生活を送ることができる健康寿命の延伸を目的に、保健事業等を積極的に推進します。

 

4 特徴

地域の特性、医療費等を各種医療情報から分析し、健康課題を明確化したうえで、目標値を設定し事業を実施します。

 

PDF長野県後期高齢者医療広域連合第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)(PDF:4.75MB)

PDF長野県後期高齢者医療広域連合第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)【ダイジェスト版】(PDF:624KB)