トップページ > 保健事業
最終更新日: 2017年4月3日

保健事業

~健診を受けましょう~

保健事業

長野県後期高齢者医療広域連合では、高齢者の健康づくりや生活習慣病等の早期発見、また医療費の適正化を図るため、各種保健事業を実施しています。

1. 健康診査

75歳以上の方(65歳以上の障害認定を受けている方を含む。)は市町村が実施する後期高齢者医療健康診査を受診できます。

健康診査は市町村が実施主体のため、市町村によって健康診査の実施時期、申込方法などが異なりますので、お住まいの市役所・町村役場の後期高齢者医療担当へお問い合わせください。

市町村実施する健康診査基本項目

(1) 問 診     服薬歴、既往歴、生活習慣に関する項目及び自覚症状等
(2) 計 測     身長、体重、BMI及び血圧
(3) 診 察     理学的所見(身体診察)
(4) 脂 質     中性脂肪、HDLコレステロール及びLDLコレステロール
(5) 肝機能     AST(GOT)、ALT(GPT)及びγ-GT(γ-GTP)
(6) 代謝系     空腹時血糖又はヘモグロビンA1cのいずれか一方を実施
(7) 尿及び腎機能  尿糖及び尿蛋白
※腹囲の測定を除き、40歳から74歳までのメタボリック対策を目的とする特定健康診査の基本項目と同じです。

※市町村が独自で行う他の健診項目を同時に受診できる場合もあります。

 

2. 高齢者歯科健診

平成27年度より、高齢者の方の健康づくり事業の一環として歯科健診を行っています。

口の中を健康に保つことは、全身の健康を維持することにつながります。

高齢になると、むせこんだり、のどにつかえたりすることが多くなり、これが原因で誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こすことがあります。

うがいや歯磨き、入れ歯の掃除などにより口の中を清潔に保つことで、誤嚥性肺炎などの高齢者に多く発生する病気の予防にもつながりますので、是非この機会に受診してください。

※誤嚥性肺炎…細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎

健診内容

(1) 歯の状態の確認(現在有してる歯、喪失している歯の確認)
(2) 口腔衛生状態の確認(舌苔や口腔乾燥の状態などを確認)
(3) 歯周疾患の有無
(4) 咬合状態の確認
(5) 嚥下機能の検査(物を飲み込む力の確認)

※ただし実施年度によって変更となる可能性があります

対象者

対象者には案内通知をお送りします。
※実施年度によって対象者は異なります。詳しくは業務課給付係へお問合せください。

【問合せ先】
 担当部署名:業務課給付係
 電 話 番 号:026-229-5320

 

3. 人間ドック

人間ドックは市町村の独自事業のため、市町村によって実施の有無、申請方法などが異なりますので、お住まいの市役所・町村役場の後期高齢者医療担当へお問い合わせください。