トップページよくある質問(Q&A)保険証に関すること特定疾病療養受療証について月の途中で長野県後期高齢者医療制度に加入する場合、特定疾病の自己負担限度額はいくらか
最終更新日: 2018年4月20日

月の途中で長野県後期高齢者医療制度に加入する場合、特定疾病の自己負担限度額はいくらか

Q.

月の途中で長野県後期高齢者医療制度に加入する場合、特定疾病の自己負担限度額はいくらですか。

A.

月の途中で75歳を迎え、後期高齢者医療制度に加入される方は、その月に限り自己負担限度額は2分の1の5,000円となります。ただし、1日が誕生日の方は除きます。
長野県外から転入される方、障害認定で後期高齢者医療制度に加入される方の自己負担限度額は2分の1となりません。

※特定疾病療養受療証は、申請日を含む月の初日から有効(月の途中で75歳を迎えた方は、75歳の誕生日から)となります。
 医療機関を受診する際には、その月のうちに申請し、交付を受けた特定疾病療養受療証を、必ず医療機関の窓口に提示してください。