最終更新日: 2018年4月20日

限度額適用・標準負担額減額認定証とはなにか

Q.

限度額適用・標準負担額減額認定証とはなんですか。

A.

市町村民税非課税世帯の方は医療機関の窓口での支払いが高額になるとき、限度額適用・標準負担額減額認定証を提示することで、医療機関(外来・入院)ごとの1か月間の支払いを自己負担限度額までの支払いに抑えることができます。
また、入院した際の食事代が減額されます。

※限度額適用・標準負担額減額認定証は、申請日を含む月の初日から有効となります。
 医療機関を受診する際には、その月のうちに申請し、交付を受けた限度額適用・標準負担額減額認定証を、必ず医療機関の窓口に提示してください。